来店不要の消費者金融の無人契約機の仕組みと流れを解説します

MENU

無人契約機って?

インターネットでの申し込み以外の来店不要の申し込み方法には、郵送と電話申し込みがあると説明してきました。
電話申し込みのところでも出てきましたが、もう一つ来店不要の申し込み方法があります。
それが、無人契約機です。
アコムで言うところのむじんくんです。
では、無人契約機とはどのようなものなのでしょうか。
店舗と何が違うのでしょうか。
見ていきましょう。

 

まず無人契約機には人がいません。
完全に無人です。
ですから、店舗に行くのと同じような感覚かもしれませんが、人に会わなくてもすむという点は大きく違います。
ですから、人に会いたくないからという理由で来店不要の申し込み方法を探している人には、無人契約機も選択肢のひとつに入ると思います。

 

無人契約機はいろいろなところに設置してあります。
雑居ビルの中に入っていたり、駐車場の一角に設置されていたりといった具合にです。
大きさは大きめの電話ボックス、証明写真を撮る機械よりも少し大きめのボックスといった感じでしょうか。

 

では無人契約機は具体的にはどういった仕組みなのでしょうか。
解説します。
無人契約機のボックスに入ると、ディスプレイが付いたデスクのような機械があります。
そこに椅子もあるので座ります。
そしてそのディスプレイの写る案内にしたがって操作をしていくのです。
その裏に人がいるなんてことはないので安心してください。
人がいるとしたら、人件費がかさんでしまいますから、そんなことはしないですよね。


無人契約機で何をするのか

では無人契約機の操作方法を解説します。
無人契約機でも、結局はインターネット申し込みと同じことを行います。
必要事項の入力です。
必要事項はインターネット申し込みの項を参考にしてください。
これと全く同じと思っていただいてかまいません。
ですから、この入力には30分ほどかかると思ってください。

 

続いて本人確認書類をセットします。
セットするところがあるので、そこに置くとスキャンして送信されます。
そしてそれが、本部に送られて、そこでは人間が必要項目と、本人確認書類を見ながら審査をしていくのです。
そこは無人ではなく有人です。

 

そしてそのまま座って審査結果を待ちます。
ボックスを出てしまうと次の人が入ってきてしまうので、出ないようにしましょう。

 

審査結果はすぐに表示されます。
そのときによりますが、数分で出ることがほとんどです。
インターネットだと最短でも30分かかりますから、それを考えると審査の待ち時間の短さが、無人契約機の最大の利点になります。

 

そして契約成立。
晴れてお金を借りることが出来ます。
ちなみに、その無人契約機でお金を借りることは出来ません。
お金を借りるのは別の専用ATMで引き出します。
専用ATMは無人契約機のボックス内には設置されてなく、その近くに設置されています。
そこでお金を引き出します。
もしくは提携ATMでも引き出すことが出来るので、銀行やコンビニなど自分が使いやすいところで利用するのがいいと思います。


関連ページ

郵送と電話申し込み
来店不要の消費者金融の電話申し込みと、郵送による申し込み方法の解説