来店不要の消費者金融の申し込みは本人確認が必要です

MENU

確認のメール・電話が来る理由

C確認メール、確認の電話
先方が申し込み記入事項を確認したら、次には確認のメールが届くか、確認の電話がかかってきます。
これは何の意味があるのでしょうか。
ひとつは、本当に本人が申し込みをしたのかを確認するためです。
本人以外の人間が勝手に申し込みをするいたずらや嫌がらせを回避するためです。
「申し込みをしたご本人様で間違いがないでしょうか」
というようなことをメールか電話で確認をされます。
もう一つの理由は、記入事項に不備があったときにそれを確認するためです。

 

また、もう少し詳しく聞きたいときに確認をするためです。

 

実際に私が申し込んだときにはやはり確認の電話がかかってきました。
このとき言われたことは本人であるかの確認と、仕事内容についてでした。
私は会社勤めではなく、個人でインターネットの仕事をしていたので、向こうとしたら詳しく聞かないと信用できる仕事なのか、収入が保証されている仕事なのかがわからないからでしょう。
私は仕事内容について説明しました。
会社なのか、個人事業主なのか、屋号はあるのかなど聞かれました。
結局先方は細かい仕事内容まではわからなかったのかもしれませんが、私の返答の仕方などから信頼できない仕事ではないと判断されたのでしょう。
結果的に審査に通って契約成立となりました。

 

また、メールで確認が来るか、電話で確認が来るかですが、その会社によって違うようです。
より確実な方法をとるために、電話での確認が多いようです。
質問があるときは、電話のほうが確認しやすいというのもあるでしょう。
ちなみに大手消費者金融であるアコムは電話確認のみのようです。
これはそれぞれの消費者金融のホームページの、申し込みの流れという項目を見れば書いてあります。


さらなる確認のための本人確認書類

D本人確認書類をアップロード、またはFAX送信
次により確実な本人確認をします。
さきほどのメールや電話での確認は、本人ではない人が偽ることも可能です。
ですから二重に、より確実な確認方法として、本当に申込人が実在する人物で、その本人による申し込みであるのかを確認するために、本人確認書類を提出させるのです。
具体的にどんな本人確認書類が必要かというと、アコムのサイトを見ると、
・運転免許証
・健康保険証
と書いてあります。
本人確認書類の記載住所が現住所と異なる場合は、合わせて公共料金の支払い領収書、国税、地方税の納税領収書などを提出しなければいけないようです。
またこれらは6ヵ月以内のものである必要があるようです。
これはレンタルDVD店などと同じですね。

 

またアコムのサイトにはこうも書いてあります。
次に該当する方は収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要です。
・他社を含めたお借入総額が100万円を超えるお客さま
・当社のご利用において50万円を超えるご契約を行うお客さま

 

つまり先方としては貸し出すリスクの高い相手には、収入が保証されているという証明がないと貸し出しにくいから、ということでしょう。
向こうの立場になってみればわかりますよね。


関連ページ

ネット申し込みの主な流れ
来店不要の消費者金融のインターネットでの申し込み方法の主な流れを解説
申し込みの具体的内容
来店不要の消費者金融のネット申し込み、その具体的な方法を細かく解説
審査から契約完了まで
消費者金融の来店不要のネット申し込みの、審査から契約完了までの流れを解説